1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 俺のカーチャンのあったかさ、聞いてくれないか
  4. ニュース » 
  5. 俺のカーチャンのあったかさ、聞いてくれないか
押しかけ女房

スポンサーサイトはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

俺のカーチャンのあったかさ、聞いてくれないかはてなブックマークに追加

(;ω;)良いスレなので久しぶりにまとめてみた
    


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/01(月) 22:58:26.86 ID:8HpxzA3T0
スレ立たない気がするけど、少しだけ聞いてもらいたいな…

書き貯めてもないけど…




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/01(月) 22:59:55.03 ID:834prEIA0

母ちゃんの内蔵(ナカ)あったかいなりぃ




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/01(月) 23:00:22.05 ID:AzFmYiW00
タカシ「あぁっ・・・母ちゃんの中・・あったけぇ・・・」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/01(月) 23:00:31.15 ID:8HpxzA3T0
九州の田舎に生まれた俺は、カーチャンにめちゃくちゃ溺愛されてた。

アルバム、太いのが5枚もあるんだ。

それ見たら、語りたくなった。





8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/01(月) 23:04:01.38 ID:8HpxzA3T0
三歳で補助輪付きの自転車を買ってもらった。
カーチャンが働いて頑張って買ってくれたらしい…。
めちゃくちゃ嬉しかった俺は、友達と乗りつぶした。
一年も経たないうちに壊してしまった…。
俺は幼児ながら死ぬほど泣いたが、カーチャンは
「あらあら…」といい、泣いているのに少し困った顔をして
笑ってくれてあやしてくれた。
このころから少しずつ覚えている。





9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/01(月) 23:04:25.44 ID:KqqRcyg10
5冊




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/01(月) 23:07:39.99 ID:8HpxzA3T0
>>9
ごめんありがとう。そう、五冊。

四歳になった頃、何かと間違って石鹸を食べてしまった。
元々何でも口に入れてしまっていた俺、口が腫れた(?)らしい。
親父は冷静沈着だったらしいが、カーチャンはかなり泣いていた。
めちゃくちゃオロオロしたらしい。
なんで目を離してしまったんだろうって。





16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/01(月) 23:11:39.49 ID:8HpxzA3T0
それで母親はあわてて病院へ連れて行き、口の薬?をもらって
帰ったのだが、母親は安心したのか、帰るときにトーチャンの車の中で
揺られながら眠ってしまい、なかなか起きなかった。
俺はカーチャンを起こそうとしたが、トーチャンが
「寝かせておき」
といい、そのまま寝かせておいた。
多分家に着いてから、トーチャンが抱きかかえて連れ帰った。





17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/01(月) 23:16:59.89 ID:8HpxzA3T0
5歳!お年玉がやってきた。
俺はさすがに「お年玉」システムを世間から学習し、
トーチャンにおねだりした。500円くれた。
幼稚園の友達はもっと高額にもらっていたため、落ち込んだ。

後日、察したのかカーチャンが働いたお金から千円くれた…。





19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/01(月) 23:21:23.65 ID:8HpxzA3T0
6歳。トーチャンが自転車を買ってくれた。
トーチャンが練習を手伝ってくれるのだが、仕事が忙しくてあまり
練習できなかった。

そんな時、カーチャンが仕事上がりで一緒に自転車の練習をしてくれた。
一緒にめちゃくちゃ練習し、一人でも乗れるようになった。
練習の終わりには、いつも麦茶を淹れてくれた。
自転車を乗れるようになって、カーチャンと一緒に飲んだ麦茶は、最高にうまかった。

ずっと、忘れてない。




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/01(月) 23:28:10.13 ID:8HpxzA3T0
妹が生まれた。
トーチャンは妹にベタベタだった。
特に女の子だからな。
兄弟の上に立つ人なら分かると思うが、ヤキモチ焼いてしまうと思う。
そんな俺も例外でなく、めちゃくちゃ焼いた。
でもカーチャン、平等に接してくれた。

「妹が生まれたから、俺くんはまた、お兄ちゃんになったね!」
「俺くん、妹を守ってあげてね。」
「でも妹が生まれても、俺くん大好きだから。」

カーチャンがそう言った。カーチャンは当時、
俺のことを「○○くん」と、くんづけしていた。

小学生ながら、かなり甘えたと思う。




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/01(月) 23:31:47.89 ID:VpF+An2t0
カーチャン……。
お前マジカーチャン殺すなよ。
っていうかそんな事実があったとしてもこのカーチャンは生き続けなきゃならねえ。




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/01(月) 23:37:12.36 ID:8HpxzA3T0
7歳。小学2年生初夏…

転校が決まった。
トーチャンの転勤が決定したからだ。

俺は最初、「転校」の意味が全くわからなかった。

トーチャンは
「これから、初めて行く学校に変わるんだ。
俺くんは、もうすぐ新しいところに住むんだよ」

と説明したが、「??? え?なんで?」
といい、一区切りついて理解して、泣き叫んだ。

「嫌だ嫌だ!!!お友達と離れたくないよー!やだやだ残る!!」

みたいな事を言ったんだ。

カーチャンが少しだけ困った顔をしながらこう言った。

「俺くんは、これから新しい学校に行っちゃうけど…
俺くんは誰とでもお友達を作れちゃうから、大丈夫!
新しいおうちも、ちょっぴり広いよ♪
それから、お母さんが貯めたお金で、たまにお友達に一緒に会いに行こ!
たまーにだけどねw」

って言ってくれた。





31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/01(月) 23:44:02.76 ID:8HpxzA3T0
8歳。小学3年生。
カーチャンと一緒に、引っ越す前の場所に旅行で連れていってもらった。
さすがに1年前。何も変わってなくて。
友達とも遊んだ。一日中。

でも、カーチャンは……。
何もやることないのに、朝っぱちから夕方まで暇をつぶしてくれていたんだ。

迎えに来てくれた時、なぜかその友達におもちゃ、
カーチャンにお菓子をあげていた。
俺は、なんでなんで!?と言っていた。


帰りに雑談しながら帰った。

俺「何をやっていたの?」
カーチャン「内緒wブラブラしてたw」

電車の中で、プラモをプレゼントしてくれた。
友達にあげてたやつの色違いだ…。

カーチャン「また2人で来ようね♪」





40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/01(月) 23:53:42.40 ID:8HpxzA3T0
9歳、小学4年生。夏休み。
俺は家の前で友達とドッジボールをやっていた。
今考えてみればバカなことをしていたが、結構危ない場所だと思う。

「スイカ冷えてるわよー!」
ちょうどカーチャンがスイカを持って下りて来てくれたとき…
バイクが突如左折してきて、ボールを避けていた俺がはねられそうになった!

ところが次の瞬間、カーチャンが俺を突き飛ばした。
カーチャンはかなり擦りむき、みるからに痛そうだった。
俺はかすり傷ですんだ…。
でもカーチャンは痛そうにもせずに、バイクの運転手を叱り飛ばしていた。
あんなに怖いのみたの初めてだった。
その後俺も、怒られた。次から違う場所でドッジした。

スイカ、ばらばらになっていた…。





44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 00:01:20.06 ID:8HpxzA3T0
12歳。小学6年生。2月。

俺がインフルエンザになった。
熱は40℃以上になり、俺は立つことさえできず、苦しんでいた。

トーチャンはおかゆを作ってくれたり、枕かえてくれたりしてくれた。

カーチャンは、まったく寝ずに看病してくれた。
俺はカーチャンに言ったんだ…。

俺「カーチャン、今年のインフルエンザ、やばいみたいだよね?
TVで言ってたし…うつるよ…」

カーチャン「バカ!そんなの気にしてたら子ども守れないでしょ!
俺くんに治ってもらわなきゃ、困るんだよ…泣いちゃうんだよ。
そんなの治ってから言いなさい!!」

後日、カーチャンにうつした…。

俺は、学校から帰ってカーチャンの看病してた。
めちゃまずいおかゆを作って、俺は捨てようとしたが、
カーチャンは絶対捨てさせず、残さず食べた…。

カーチャン「あんなこと言って、病気になっちゃったねw」








46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 00:02:59.58 ID:rHN2uXsk0
13歳、中学1年生。

カーチャンが、ガンになった……。







47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 00:06:10.82 ID:rHN2uXsk0
あ、すまない…。
スペックさらしてなかった。

現在(年齢換算)
俺。26歳。職業経理。
カーチャン。47歳。
トーチャン。47歳。営業系。
妹。20歳大学生。






51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 00:11:50.19 ID:rHN2uXsk0
13歳。中学1年生。夏。「カーチャンの入院」

カーチャンが入院した。
トーチャンは、見るからに青ざめていた。やばかった。
俺は、「え…?え??」って感じで、まだよく状況がわからなかった。

カーチャンが、運ばれていった。
急を要するとか言って、その日はカーチャンに会えなかった。

トーチャンのご飯を食べた。
よく覚えてる。
夏なのに、めちゃくちゃ寒かった。
夏なのに…。





52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 00:14:48.74 ID:rHN2uXsk0
夏休み、バーチャンがうちの家事をすることになった。
トーチャンは忙しいので、家事なんてできないでしょ?とのこと。

ちなみに、カーチャンのカーチャン。
バーチャンの作ったご飯は、どれもカーチャンそっくりだった。
やっぱり、親子だなって、子供でも思った。




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 00:21:06.26 ID:rHN2uXsk0
カーチャンの病院に、お見舞いに行った。
めちゃくちゃ会いたくて、院内を走ってしまって、怒られた。

カーチャンは、とびきりの笑顔で出迎えてくれた。
でも声は、とても細かった。

カーチャン
「突然倒れて、ごめんね…。たまに治療で、来てくれても
会えないこともあるかもしれない…。ごめんね…。
今日は、来てくれて、ありがとw嬉しいんだぞw」

俺は中学生だけど、かなり泣いた。





55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 00:24:38.46 ID:rHN2uXsk0
家に帰って、バーチャンはちょっと落ち込んでいた。
カーチャンにすがる俺を見たからかな…。

その日は、とびきりおいしいカレーをバーチャンが作ってくれた。
本当に、美味しかった。

カーチャンにも、たべさせてあげたいとトーチャンに言った。

トーチャン「からいのは、入院中は、だめなんだよー。」

と、優しく言ってくれた。

ちなみに、ガンの種類は、子宮ガン。





58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 00:28:21.85 ID:WlpKxMKmO
カーチャンの中あったかいナリィ……





60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 00:34:12.99 ID:rHN2uXsk0
『カーチャンのともだち』


久々にカーチャンのお見舞いに行けた日、カーチャンに
お友達ができていた。
すごく、優しそうな人。優しそうな目をしてた。
にっこり笑って、俺とも友達(?)になってくれた。

話しやすい人で、カーチャンもなぜか喜んでいた。

リンゴをむいてくれて、「おたべ♪」と言ってくれた。
妹と食べながら、長い時間、その女の人と、カーチャンと、話した。

「私、早く退院したいな♪そしたら、外で一緒に遊ぼうねw」

そう言ってくれた。

空は入道雲が広がり、俺の好きな空だった。


でも、それからその人と、会うことはできなくなってしまった。






61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 00:36:54.26 ID:rHN2uXsk0
3日後、楽しみにしていたお見舞いにやってきた。

「カーチャン!お見舞いに来たよー!」

戸を開けると、カーチャンの隣のベッドが空席…。

あ…

あれ……。

え………





63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 00:41:05.34 ID:rHN2uXsk0
俺「か、カーチャン……ともだち、は…?」
カーチャン「……」
俺「え、え…っと…」
カーチャン「いなく、なっちゃった…」
俺「え…?」
カーチャン「俺くんも中学生になったから、もう…わかるよね…?
亡くなったの…突然急変して…。」
俺「うそ、だろ…?」
カーチャン「……(首を横に振った)」


俺、カーチャンの友達が亡くなったのを知ったのでも号泣した。
身近に人が亡くなったのは、生まれて初めてだった。




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 00:43:21.39 ID:rHN2uXsk0
その後、カーチャンと同じガン、同じ進捗状況で亡くなったことを知った。

俺はリアルに血の気が引いた。

カーチャンが死ぬなんてありえなかった。
ありえないんだ。
だって、そうだろ……?





66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 00:45:29.79 ID:rHN2uXsk0
計画が練られた後日、大がかりな手術が行われた。

俺は本気で祈った。

これほど本気で祈ったことがあっただろうか?

絶対ない。

死ぬほど祈った。

学校休んだ。




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 00:48:12.29 ID:rHN2uXsk0
『手術とその後』


手術は成功した!
でも後遺症は残った。死ぬまで現在の医療では治らないらしい。
今になっても、その医療技術は変わってないらしい。

カーチャンは少しずつ回復し、笑顔を見せてくれるようになった。

でも、毎日のようには、会えなかった。




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 00:52:00.65 ID:rHN2uXsk0
ある日カーチャンに会いに行き、

「毎日会いたい!!」

と、ダダをこねた。ひどいくらいに…。

そうしたらカーチャン、困った顔をして…

「ごめんね…。元気になったら毎日会えるからね…。
そうだ!お母さん、俺くんにお手紙書くね!
もし俺くんが会いに来てくれて、会えないことがあったら…
この手紙をおいておくから。ちゃんと読んでねw」

その日は早くおとずれた。



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 01:00:39.90 ID:rHN2uXsk0
『カーチャンのてがみ』


カーチャンの手紙を預かったと、看護師の人から手紙を受け取った。

「俺くん、毎日勉強、頑張っていますか?
私は毎日、病気に勝つように頑張っています!
受験生になったりと、これから本当に大変だと思うけど…
俺くんならやれるはず!お父さんの子供だからw
頭はお母さんに似なくて良かったねw
ところで、これから寒くなってくるから、絶対身体には
気をつけてね!!俺くんインフルエンザなったから心配…

私もだけどw

何かプレゼントしたいなーと思って、図書券入れておきますw
これで英語の参考書買いなさい!!

冗談w

息抜きに、読みたいの買ってね♪

また、会えるの楽しみだね。」


なんか今読んで、泣きそうだった。




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 01:03:05.68 ID:rHN2uXsk0
なんかちょっと字が震えてた。

ムリして書いたんじゃないかって思い、いてもたってもいられなくなった。

2日後、会いに行って問い詰めたが、

「全然ww」

といって返事を変えなかった。


絶対ムリしてた。




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 01:06:26.70 ID:rHN2uXsk0
『カーチャン退院』


カーチャンが退院できた!

獅子舞を踊るかのように喜んだ。

でも、後遺症が苦しそうだった。

カーチャン「さて、みんなにおいしいもの食べさせなきゃね!」

みんなに言った。


俺はカーチャンに言った。
「カーチャン、絶対仕事とかするんじゃないぞ」

危険だからな…




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 01:14:08.89 ID:rHN2uXsk0
後遺症は思ったよりキツそうで、傷が癒着してたりと、
カーチャンは苦しんだ。毎晩苦しんでた。

俺は見るに見れなかった。
あまりにもかわいそうだった。

なんでこんな良いカーチャンが…ってそればっかり考えた。

俺は積極的にお手伝いをした。

もうカーチャンに家事させたくなかった。

カーチャン、めちゃくちゃ喜んでた。
ありがと♪って、言ってくれたんだ。


夜中、トイレに起きたら、カーチャン泣いてた。

その時は声をかけれなかった。


翌日トーチャンに恐る恐るそのことを聞いたら、

「俺くんたちがお手伝いをしてくれるから嬉しい。生んでよかった。
今、すごい、しあわせ。」

そう言ってたって。




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 01:20:26.64 ID:rHN2uXsk0
カーチャンは5日に1回ほど、通院していた。

通院は、一生続くんだって。

そのたびに、苦しんでる。

カーチャン、ごめんな、迷惑ばっかりかけて。
本当にすまないと思ってる。
本当に親孝行したい。

本気でそう思った。

毎晩毎晩、激痛で苦しんでた。

脂っこいものは、ほとんど食べれなかった。




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 01:23:40.30 ID:rHN2uXsk0
今回のは特に、早期発見していれば、完治も余裕なガンだったらしい。

トーチャンは、「なんで早く気付いてやれなかったんだ!!!」

と、自分を責め続けていた。

俺も、子どもながらに全く同じ気持ちだった。

あの動き、つらかったんじゃないのか?
きつかったんじゃないのか?
支えてあげなきゃいけなかったんじゃないのか?

後悔してもしきれないものだった。

当然カーチャンは子どもを産めなくなった。





85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 01:30:17.78 ID:rHN2uXsk0
『カーチャンのバレンタイン』


カーチャンの買い物に付き合わされた。
俺は、「なに買うの?」と聞きまくった。
カーチャンは、なぜか笑ってた。

来たのは、バレンタイン売り場。
なんか特設会場みたいなやつ。

カーチャンが、「どれがいい?w」って聞いてきた。
俺は「買ってくれるの?」と、おいしそうなのを選んだ。
なんか、英語の文字がたくさんパッケージに書かれてる高そうなの…

値段、載ってなかったんだけど…

普通に、買ってくれた。怖かった。

でもあと1つ、カーチャンは買ってった。
少しだけ、小さめのやつ。

(あ、あれ…?あれ、トーチャンのかな…?)
そう思いつつ、俺は聞きださなかった。

後はトーチャンの服とか、妹や俺の服を買ってくれた。
カーチャンは、じぶんの、買ってなかった。





87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 01:35:36.63 ID:rHN2uXsk0
「ただいまー!」

帰ると、食事のあとに、妹にチョコ渡してた。

(え?あれ…?トーチャンの分は…?)

頭はごちゃごちゃしてた。TVの時間も風呂の時間も、
それしか考えてなかった。

トーチャン、なんかへこんでた。


そしたらトーチャンが風呂から上がってビールに手をかけた時に、
デカい特大チョコが出てきた。

カーチャン→トーチャンだった。

手作りか…

バレンタインのトーチャンのビールのつまみは、特大チョコになった。




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 01:41:17.51 ID:rHN2uXsk0
『カーチャンのホワイトデー』


妹はカーチャンと買い物にでかけた。

俺はトーチャンと遊びに出た。

俺は「何すんの?」と聞くと、
トーチャン「何がいい?」と返ってきた。

何でもいいと答えると、なぜか釣りになった。
釣り堀で竿たらしてる時に、聞いてきた。

トーチャン「なぁ、ホワイトデーのお返しって何が良いんだよ…」
俺「俺に聞くなよ…」
俺「手作り?」
トーチャン「そんなのできるわけないだろ!w」

結局デパートに向かった。




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 01:44:09.15 ID:rHN2uXsk0
向かったデパートは、カーチャンとバレンタインで来た
特設会場だった。

俺「ぷ」
トーチャン「なんだよ…」
俺「いやいやなんでも」
トーチャン「ニヤニヤすんな…」
俺「はやく選ぼうぜwwww」

夫婦だなって思った。



93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 01:46:59.84 ID:rHN2uXsk0
長時間考えた末、クッキーセットを選んでた。

カーチャンはクッキーが好きだから。

俺「悩みすぎだろ…」
トーチャン「ま、ま、なんかおごってやるからw」

ラーメン食べて帰った。

なんかトーチャンだけでたまには遊ぶのも良いなと思った。



94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 01:49:29.70 ID:rHN2uXsk0
家に帰って、トーチャンはカーチャンにすぐ渡してたが、
まぁ演出が苦手なんだろう。

でもカーチャン、喜んでた。



カーチャンの容態が急変した。



95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 01:53:47.22 ID:vafRmvKzO
嘘でしょ…?




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 01:53:57.44 ID:SDPQkWosO
ヤバイ泣きそう
続きが気になるが仕事に戻らねば





97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 01:55:41.46 ID:rHN2uXsk0
俺も成長していたので、めちゃくちゃ動転した。

カーチャン入院した。親戚も駆けつけた。

カーチャン、なんか顔が白かった。

カーチャンに話しかけたが、その時は返事をくれなかった。




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 02:00:29.15 ID:rHN2uXsk0
医者がこっち来た。

医者「今夜を乗り切れば…。 体力次第です。」

「何言ってんだよ…」
「今夜ってなんだよ…」
「そんなこと言われるの、ドラマだけじゃないのかよ!!」
「……お願い…」
「お願いします…」
「なんとか助けて下さい…」
「ぜったい、おねがいします…」

こんなことを、ただただ言ったと思う。




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 02:05:41.92 ID:rHN2uXsk0
夜は病院に泊まって、ひたすら祈った。

祈ることしかできないのが悔しくて、泣いてた。

(元気になったら何でもお手伝いするから!!だから…
また一緒にみんなで暮らそうよ…お願いだよ…)

妹もトーチャンも、泣いてた。




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 02:07:29.79 ID:t8H5cBNyO
あーやべぇ

母ちゃん
いつもうまい飯ありがとう



104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 02:11:49.11 ID:rHN2uXsk0
『翌朝~~カーチャンの想い』


カーチャンは持ちこたえた。
カーチャン、頑張ったんだ。
カーチャン、絶対きついのに、俺らに笑顔を見せてくれた。
でも、白くて肌は透き通ってた。
それでも、俺は死ぬほど嬉しかった。
病院なのに、家族で泣いた。

この時、俺は…誰からマザコンって言われたって構わない。
絶対大切にしよう、そう心に誓ったんだ。




カーチャンは、一言こう言って眠った。


『ありがとう、みんな。』


俺らは安心して、みんなすぐ寝てしまった。






07 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 02:20:41.17 ID:rHN2uXsk0
翌日俺は速攻、友達を引っ張り込んだ。

「お前ら千羽鶴折るぞ!!!」

意外とみんな手伝ってくれた。
でもせっかちな俺…千羽も待てなかった。

結局、1/10の百羽を持って行ってしまったのだ。
百羽鶴をそっと抱きしめながら持ってった俺。

俺「百羽鶴になっちゃったんだけどさ…これ、さ…飾っていい?」

差し出すと、母ちゃん、めちゃくちゃ喜んでくれた。

カーチャン「うん!ありがと…」

泣くなよカーチャン…





109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 02:27:41.25 ID:rHN2uXsk0
3ヶ月して、カーチャンはとりあえずの退院許可がでた。

一家そろって家に帰ってきたんだ。

カーチャンは「元気になったよ!!」
とか言ってご飯を作り始めた。

でも俺はまったく信じてなかった。
でもカーチャンは作るって言って聞かなかった。

その夜はグラタンを食べた。ほっぺたが落ちそうだった。
学校であってることなんかも話して、その夜は暖かだった。

夜、嬉しさのあまり隠れて号泣した。






114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 02:36:21.53 ID:rHN2uXsk0
高校生になった俺は、あまり最初はあまりなじめず、
学校が終わったらすぐ帰っていた。

カーチャンは、そんな俺を少し心配していた。

カーチャン「俺はすぐお友達と仲良くなれるから、
そうしたらお友達をうちに連れて来てね!」

そう言ってくれていた。

実際、小学1年生~6年生の間、毎年カーチャンは友達10人くらいをうちに
呼んで、パーティに近い形で誕生日会を開いてくれていた。

今考えるとすごいと思う。




116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 02:45:16.86 ID:rHN2uXsk0
カーチャンはありえないくらい俺の高校の行事を見に来てくれた。

しかも…カメラ持ったトーチャン引っ張ってきて。

体育祭
マラソン大会
文化祭
合唱会

写真があるんだ。

体育祭の時に作ってくれた渾身のお弁当。

ちっちゃな手紙が入ってた。
「これ食べて午後のプログラム、頑張って下さい!!
騎馬戦、期待してます♪」

でも、3段弁当は多すぎだぜ…

からあげ、4個も入ってた。


文化祭の時、俺の店のお好み焼き、たくさん食べてくれて、
なぜかお客さんを数名、呼び込みまでしてた…

俺「知ってる人なの?あの人?」
カーチャン「んーん?知らないけど…おいしいからさ!」

カーチャン…





117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 02:46:09.90 ID:rHN2uXsk0
あの時、騎馬戦、負けてごめんな、カーチャン……




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 02:52:25.27 ID:rHN2uXsk0
高校2年生夏休み

カーチャンと妹と3人で別府に旅行に行った。
カーチャンと妹、めちゃくちゃはしゃいでた。

2人と浴場前で別れたあと、めちゃくちゃ長風呂した。
と思ったらたったの30分しか入っていなかった。

浴衣着て扇風機で涼んでたら、なぜかカーチャンが先に出てきた。





121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 02:54:55.43 ID:rHN2uXsk0
俺「○○(妹の名前)は?」
カーチャン「あの子長風呂w」
俺「ふーん、一緒に上がらないんだ」
カーチャン「夜、何か話でもする?」
俺「え?いいけど…3人で?」
カーチャン「そうかも?」
俺「???」

妹と合流して、夕飯に向かった。




123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 02:57:21.98 ID:37QRVTS2O
一人暮らしには効くぜ。
涙でてきた。




124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 02:59:11.51 ID:rHN2uXsk0
夕飯はとびきりおいしかった。頭とけそうだった。
まだまだ居たいなと思った。

妹は先に寝てしまった。

そしたらカーチャンはさっきの話をほじくってきた。

カーチャン「俺、進路どうしたいの?」
俺「え?どうしたの急に?まだ決めてないけど…」
カーチャン「んーん、もう決まってるのかなって。」
俺「就職するかもなぁ」
カーチャン「そうなの?俺は大学に行かせたいなぁ」
俺「高いもん。奨学金入れてもきついと思う…」




126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 03:05:24.79 ID:rHN2uXsk0
続き

カーチャン「そんなのダメ!俺が、『高いから行かない』って
理由で大学に行かないんだったら、絶対ゆるさないからね。」

俺「え…でも、どうするの…?」

カーチャン「カーチャン働くから。大丈夫だよ。」

俺「それはだめ!ダメだからね!!」

カーチャン「わかって、俺…。それが親心なんだよ。
自分の子どもには、何も不自由なく、学校を卒業してもらいたいの。
お願い。だから、お金っていう理由だけだったら、絶対に、進学して。
それが、お母さんの一生のお願いだから。お願い。」

俺「……」

そのまま、寝てしまった。

気付いたら、朝、カーチャンと隣で寝てた…。





127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 03:12:20.34 ID:rHN2uXsk0
旅行の帰り道、俺はカーチャンに答えを告げた。

俺「最初はそれでも絶対就職しようって、そう思った。
だって、カーチャンを働かせるって…。
でも…進学して、就職して…それから孝行しても、
遅くないかなって…
カーチャンがムリしないって絶対の約束するなら、進学するよ」

そう答えた。

カーチャンの答えは…

笑って返事してくれた。





128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 03:14:17.05 ID:H27agDmgO
すごく良いお母さんだね
自分もお母さんに会いたくなってきた…

さっきイライラしてて電話で嫌な態度とっちゃった…ごめんなさいお母さん




129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 03:15:07.13 ID:kGm6nV8c0
追いついた

俺もおかん大切にしないとな・・・




130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 03:17:29.25 ID:rHN2uXsk0
勉強の時には、夜食を作ってくれた。
気晴らしの休日には、たまに買い物に一緒にでかけた。
家族みんなでドライブにでかけた。
カーチャンの夕食の食材の買い出しを手伝った。

そんなカーチャンに、健康でいてもらいたいなって、今も考えてる…

だって、後遺症は、一生治らないから…




133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 03:20:59.14 ID:rHN2uXsk0
カーチャンの通院の頻度が減った!
これはみんな、すごい喜んだ。
なんと3ヶ月に1度になったのだ!!

『記念だ!!!』

とか言って、みんなで買い物にでかけた。

今思うと意味分からない発想だが、家具屋に行った。





138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 03:27:41.45 ID:rHN2uXsk0
そこのペットコーナーでハムスターを見かけた。
すごい珍しく、カーチャンの意見でハムスターを飼うことになった…。

メスを2匹。ジャンガリアンハムスター。
めちゃくちゃかわいくて、家族で溺愛した。

なんで?と思ったのだが、カーチャンも日中はさみしかった
のかもしれない。ありえないくらいかわいかった。

カーチャンはすごい頻度で掃除をしていた。
なんか気のせいかな?ハムスターはカーチャンになついていた。




140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 03:33:42.61 ID:rHN2uXsk0
全面的なカーチャンのバックアップにより、俺は大学に進学を決めた。

その後の高校の卒業式、俺は泣いてしまった。

俺のカーチャン無しでは、間違いなくこんな幸せな環境になかった。
確信を持って言える。

教室で俺は、カーチャンの方を向きながら、感謝の念を表した。


久々に見たカーチャンのワンピース姿。
周りからすると、カーチャンは若いらしい。綺麗だって言ってた。

カーチャンもハンカチ持ってた。




141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/11/02(火) 03:35:27.11 ID:rHN2uXsk0
みなさん遅くまですみません。
お付き合いいただき、本当にありがとうございます。

まだストーリーはあるのですが、一端切りたいと思いますが…。

明日、スレは残ってないと思いますけどw





スポンサーサイト

Comment

No Title

うおおおおおおおぉぉおぉぉぉ
一人暮らしにはキツイよ
親がいるうちにその大切さを知れただけでも、アンタはエラいよ
見習わせてもらおう

  • すすめ名無しさん [#-] |
  • URL |
  • 2010 11/30 (Tue) 01:55
No Title

命に関わるくらいの出来事がないと
親のありがたみってのはなかなか気づけないのかもな。子供って馬鹿だからさ
そんな俺は34歳で仕事もせずにスネかじりww
カーチャン元気で頼むよww

  • (´;ω;`) [#-] |
  • URL |
  • 2010 12/01 (Wed) 16:03
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • - [#] |
  • |
  • 2014 07/12 (Sat) 06:45
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • - [#] |
  • |
  • 2014 07/14 (Mon) 19:52
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • - [#] |
  • |
  • 2014 07/20 (Sun) 15:01
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • - [#] |
  • |
  • 2014 07/21 (Mon) 16:44
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • - [#] |
  • |
  • 2014 07/26 (Sat) 03:58
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • - [#] |
  • |
  • 2014 07/31 (Thu) 04:25
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • - [#] |
  • |
  • 2014 09/02 (Tue) 20:05
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://news00jp.blog67.fc2.com/tb.php/207-98cddaed この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

最新記事
カテゴリ
最近買ったものとか




お世話になってる
検索フォーム
ありがとうございます
   
現在の閲覧者数:
あわせて読もう
あわせて読みたいブログパーツ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter...A

Twitter < > Reload

お世話になってます
咳をしてもゆとり様
いろいろ教えてくれるナイスガイ。
やる夫アンテナ様
オワタあんてな\(^o^)/
登録されたい…
ちょっとだけ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。