1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 親父「おーい、今帰ったぞー、おーい」【完結編】
  4. ニュース » 
  5. 親父「おーい、今帰ったぞー、おーい」【完結編】
押しかけ女房

スポンサーサイトはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

親父「おーい、今帰ったぞー、おーい」【完結編】はてなブックマークに追加

PART1はこちら
PART2はこちら

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/17(火) 22:59:30.17 ID:d3tlju1rO
シュゥゥ…

タコフシ「ふぅ……」

武田「で…でっけぇ………」

息子「どこ見て言ってんだよ」

武田「ち、違っ」

親父「産まれたままの姿だな」

タコフシ「はい…服を再生する余裕がなかったもので…フラッ」

親父「おお、おいっ大丈夫か」

武田「………」

親父「息子!そそ、ソイジョイ買ってきてやれ!」

息子「あ、うん」

武田「そ、そいじょい?」






101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/17(火) 23:01:38.52 ID:AudiD/YMO
さっそく親父が良いwwwwwww





102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/17(火) 23:04:11.44 ID:d3tlju1rO
息子「あーえーっとまた後で説明するから!」

親父「あっ、それと」

息子「え?」

親父「ほか弁も、頼む」

息子「え……ほか弁?」

息子「今日晩ごはんほか弁!?」

息子「武田来るって電話したのに!?」

親父「い…いいじゃねえか別に…」

親父「なあ武田くん」

武田「えっあっぼ、僕は構わないです、全然」

親父「ほーら」

息子「ほんっと無神経だよな…」

武田(いやいやお前も変わんねぇよ……宇宙人いるのに呼ぶか普通……)






103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/17(火) 23:08:47.77 ID:d3tlju1rO
息子「…わかったよ…何でもいいよね、もう」

親父「父さん焼肉スペシャルがいいな、ほい金」

息子「………」

武田「あっちょっ待って」

武田「俺も行くよ、うん」

息子「あ、うん」

息子「…じゃ、行ってくる」

親父「ん、行ってらっしゃい」

親父「ほれ、急げ急げ」

息子「ちっ」

武田「………」

武田「あっ、おい、待てよ」

バタン

タコフシ「ふ……ふしゅぅ………」





104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/17(火) 23:12:38.72 ID:SG0t7yQ5O
今まで超展開だったからな
落ち着いてるな





105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/17(火) 23:12:54.82 ID:nwDwO8g8O
タコフシwwwwwwwwwwww





108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/17(火) 23:15:12.90 ID:d3tlju1rO
武田「な…なぁ」

息子「………」

武田「そいじょいって…?」

武田「あの室伏が食うの?」

息子「うん」

武田「そ…そうか…」

武田「………」

息子「………」

武田「…な、なぁ」

息子「何」

武田「なんか…怒ってる?」

息子「怒ってない」

武田「………」

武田「でもなんか……ムスッとしてる」

息子「…るせぇよ」





110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/17(火) 23:19:38.49 ID:d3tlju1rO
ウィーン

店員「いらっしゃいま…せー」

店員(またあいつだ…)

ガサガサガサァッ

武田「おい、ちょっそんなに」

息子「………」

ドン

店員「い…いらっしゃいませー…」

店員(こいつ……無類のソイジョイ好きなのか………?)

ピッ、ピッピッピッ

店員「合計─円になります」

武田「こ…こんなに使っていいのか?」

息子「………」






112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/17(火) 23:23:36.90 ID:d3tlju1rO
店員「あ、ありがとうございましたー…」

会社員「………」

会社員「変な奴ら………」

ウィーン

武田「な、なぁ」

息子「次はほか弁だな…」

武田「おい……」

息子「………」

武田「な……」

武田「や、やっぱり怒ってんだろ」

息子「るせぇ」

武田「………」

武田「ちょ…どうしたんだよ」

息子「ほっといて」

武田「………」





115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/17(火) 23:28:05.34 ID:d3tlju1rO

武田「なぁ……」

店員「焼肉スペシャルと唐揚げ弁当とのり弁当でお待ちのお客様ー」

息子「あ、はい」

店員「お待たせしました、ありがとうございましたー」

ウィーン

息子「…よし」

武田「………」

武田「なぁ……なぁって」

息子「…何」

武田「なんだよ、なんでそんな怒ってんだよ」

息子「うるせ…ほっとけよ…」

武田「ほ…ほっとけって…」

武田「…ほっとけねぇよ!」






120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/17(火) 23:33:21.51 ID:d3tlju1rO
息子「な……」

武田「言ってくれよ…」

武田「俺たち付き合ってんだろ……?」

息子「ば、バカお前こんなとこで言うなよ!」

武田「…どうしたんだ」

息子「た…ただ」

武田「ただ?」

息子「色々…イライラしてるだけ」

武田「………」

息子「父さんとか…色々鬱陶しい要素がさぁ…」

息子「それにお前も……ばっちり見とれちゃってたし」

武田「な………」





131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/17(火) 23:40:25.27 ID:d3tlju1rO
武田「そんな…そんな目で見てた訳ねぇだろ……?」

武田「俺はただ…」

息子「あーもうわかったって!!」

息子「こんなの道ばたでする話じゃねぇよ!」

息子「ただちょっと俺がイライラしちゃっただけ!ごめん!」

武田「お……」

武田「俺もごめんっ!!!」

息子「うるせぇよ声でけーよバカ」

武田「………」

息子「行こう、もう」

武田「お……おう……」






139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/17(火) 23:45:24.09 ID:d3tlju1rO

ガチャ

息子「ただいまー…」

親父「お、おお、おかえりおかえり!」

親父「は、早くしてやらねぇと、ほら!!」

親父「もうちょっとだけ皮膚がタコ化してきてんだよ!!」

息子「えっうわっ」

武田「な…なんだこれ…!」

タコフシ「すひゅー………ひゅー……」

息子「こ、これとりあえず開けまくって!!」

武田「えっあっうん、わかった!!」

親父「早くしねぇと死んじまいそうだ!!」





143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/17(火) 23:51:13.03 ID:d3tlju1rO
バリッバクッムシャッ

タコフシ「ふぅーっ、ふぅーっ!!」

息子「うへぁ……」

武田「すっげぇ勢いだ…」

親父「ほら食え、な、もっとあるぞ」

タコフシ「ばくばくむしゃむしゃばくばく!!」

息子「父さん手食われてる手!!!!」

親父「ぬわぁっおわぁーっ!?」

武田「あああああ!?」

タコフシ「ばくばくばくごふぁっ!ごぇあっ!!うおぇぇっ!!」
ジュボッ

息子「は、吐き出した!!」

親父「はぁっ、はぁっ、びっくりした、よかった、無事だった俺の腕、はぁっ…!」





144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/17(火) 23:55:46.49 ID:d3tlju1rO
タコフシ「はぁっ、はぁっ、す、すいません」

息子「だ、大丈夫!?」

親父「だ、大丈夫だ…」

親父「っていうかちょっと気持ちよかったかもしれん…」

息子「バカじゃねぇの…」

武田「二の腕まで入ってたけど……どうなってんだよ食道…」

タコフシ「はぁーっ、はぁーっ」

タコフシ「ありがとう、ございました、ふぅっ」

タコフシ「やはり、違った環境での空間移動は、なかなかキツいですね、はい…」





150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 00:03:45.86 ID:Ahq0H+svO
息子「空間移動…?」

タコフシ「うん…ちょっと…ピンチだったからね…」

息子「……へ?」

親父「いやぁびっくりしたぞ、帰ってたら人だかりの中にタコフシが倒れてたんだからな」

息子「え……」

息子「ええええ!?」

息子「ひ、人だかりって」

親父「いやー、警察も救急車もテレビ局も来ててお祭り騒ぎだったぞ」

息子「えっいやっそれ…」

息子「ま、まずくない!?」

武田「ま、まずいよな」






156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 00:09:57.77 ID:Ahq0H+svO
タコフシ「いやあの、ちょっと…昼過ぎに外出して…あっ」

息子「え…昼過ぎ?」

武田「………」

タコフシ「いや、あの、昼過ぎというかその…」

武田「昼過ぎ………」

息子「………」

親父「…ん?どうした?」

タコフシ「い、いや、あの、別に、大丈夫です、はい^^;」

息子「最悪だ………」

武田「………」

タコフシ「あ、あは、あははははははは^^;」






159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 00:15:06.04 ID:Ahq0H+svO
タコフシ「で、あの、ちょっと走り過ぎてエネルギー切れで倒れちゃって…」

親父「なるほど、そこに丁度俺が通りがかった訳だ」

タコフシ「はい、そ、それで親父さんが来てくださったので、力を振り絞って…空間移動を」

親父「かぁーっ、うまいことなっとるなぁ世の中!!」

タコフシ「は…はい………」

タコフシ「あの………やっぱりまずかったですかね……あの状況で空間移動は…」





161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 00:20:23.13 ID:Ahq0H+svO
親父「んー…」

親父「まずその体で走ったことがまずいなwwww」

タコフシ「あ……やっぱり………」

親父「とりあえず、服着よう、な」

親父「まだジャージなら一着あるからよ」

タコフシ「えっ、いいんですか」

親父「あーいいよいいよ、また買えば済む話だww」

親父「よし、ちょっと俺の部屋来てみ」

タコフシ「あ、はい…すいません本当…」

バタン





163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 00:25:36.92 ID:Ahq0H+svO
息子「最悪だぁ………」

武田「……なぁ」

武田「昼過ぎってことは……あの時いたのか……?あいつ」

息子「うん……」

武田「でも誰もいないって言ってたじゃねぇかお前…」

息子「そう感じてただけだったんだよ多分……」

息子「気配消してたんだよ…」

武田「……宇宙人だし…あり得るか………」

息子「うん………」

武田「………見られたか」

息子「はぁ…………」





166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 00:29:49.93 ID:Ahq0H+svO
武田「でも…いいだろ別に」

息子「は…はぁ!?」

息子「み、見られたんだぞあんなことしてるの!!!」

武田「宇宙人にだろ」

武田「別にどうってこたない」

息子「で、でも父さんに言ったらどうすんだよ…」

武田「あ……」

ワァァァァァッ

息子「ビクッ」

武田「な、なんだ!?」

息子「父さんの声だ!!!」

武田「えっうわっやばっ!!!」






171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 00:35:21.73 ID:Ahq0H+svO
ガラッ!

息子「と、父さん!?」

親父「しゃ、しゃ、しゃ、しゃ、しゃ…!!!!」

武田「えっ…?」

タコフシ「す、すいません、驚かせてしまって!!!」

息子「…え?何どうしたの?」

タコフシ「いや、あのちょっとしゃっくりしただけなんだけど…」

息子「…しゃっくり?」

親父「しゃ………しゃ………!!!」

息子「…なんだ、音がすごかったとかそういうことでしょ」






175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 00:39:53.13 ID:Ahq0H+svO
親父「しゃ、しゃ、しゃく!!しゃく!!!」

息子「もう大げさだよ父さん」

息子「タコフシなんだからあってもおかしくないでしょ」

武田「しゃっくりか…」

親父「いや…あの、しゃくだ!!しゃくしゃく!!」

息子「…頭おかしいんじゃねぇの」

武田「お、おいそんなこと言うなよ」

息子「いいんだよ、こっちはイライラさせられてんだから」

親父「な…なんだよ、何があったか教えてやんないからな」





177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 00:45:47.69 ID:Ahq0H+svO
そして晩ごはん

息子「いただきます」

武田「い、いただきます」

息子「唐揚げ弁当でよかったよね」

武田「あ、うん、唐揚げ大好きだ」

息子「覚えててよかったー」

武田「へへへ…」

武田「へ…」

タコフシ「ビクビクビク…」

武田「………」

息子「…ん、ん゛ん゛!」

親父「…ん?どうしたタコフシ」

タコフシ「…えっ、い、いや、なんでも」

親父「お前も見てるだけじゃ寂しいだろ、ほら、飲め」





182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 00:52:45.20 ID:Ahq0H+svO
タコフシ「あ…はい……すいません」

親父「飲んで…もう一回やってくれるか、さっきの」

タコフシ「えっ……何のことですか」

親父「ほら、さっきのだよ、さっきの…」

息子「………?」

武田「もぐもぐもぐもぐ」

武田「……ん?」

息子「いや、なんか変な話してる」

武田「……ん?」

息子「口に詰め込みすぎ」

武田「もぐもぐもぐもぐ」

息子「なんのことだろ…」






186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 00:57:48.99 ID:Ahq0H+svO
30分後

タコフシ「ごくごくごくごく」

タコフシ「ぷへぇーっ」

親父「おう、いい飲みっぷりだねぃwwww」

息子「あんまりやめといたほうがいいよ、父さんも明日仕事なんだから」

親父「だーいじょーびっwwwww」

親父「ほら、お前も飲めwwwww」

息子「い、いいよ鬱陶しい」

親父「んじゃあ武田!飲むかぁwwww」

武田「えっあっ、はい」

息子「はいじゃねーよ」

タコフシ「…ヒクッ」






187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 01:02:49.87 ID:Ahq0H+svO
タコフシ「うーい……ヒクッ」

息子「あーあ…できあがっちゃったよ…」

武田「ははは」

親父「おっしゃっくり!待ってました!!!」

タコフシ「うはははは、ヒクッ!!!」

ビュンッ

息子&武田「ぶーっ!!!!」

息子「しゃ、しゃ、釈由美子!!!!??」

親父「ほ、ほら見たか!!!こいつしゃっくりすると釈由美子になるんだよ!!!!」

タコフシ「うーいwwwww」






194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 01:09:19.91 ID:Ahq0H+svO
武田「す、すげぇ、本当に釈由美子だ…!!!」

親父「な!!!な!!!!」

親父「むふふふー釈ちゃーんwwwww」

タコフシ「しゃくってなんだよーwwww」

息子「釈由美子が産まれたままの姿で……」

武田「すげぇ、声まで釈由美子だ」

息子「あ、わ、わかった!!」

息子「タコフシが言ってたもう一つのデータって釈由美子だったんだ!!!」

息子「父さん釈由美子大好きだからデータで取り出しちゃったんだよ!」

武田「…いやちょっと言ってる意味が」






197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 01:13:56.46 ID:Ahq0H+svO
息子「いや、別に分かろうとしなくていいよ」

武田「そか、うん、そうだな」

親父「釈ちゃーん、はぁはぁ、肌スベスベだなぁwwww」

タコフシ「やめろー、くすぐったいーwwww」

親父「よ、よし釈ちゃん、俺の部屋行こうか、なwwww」

息子「おいこらちょっと待て」

息子「何するつもりだよ」

親父「いーだ!!いーだいーだ!!!」

タコフシ「いーだってなんだよオッサンwwwあははははwwwwww」





199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 01:19:06.39 ID:Ahq0H+svO
親父「がはははは、釈ちゃんのここはどうなってんのかなぁーwwwww」

タコフシ「やめろーwwwwあんwwwww」

武田「お、おいやばくないか」

息子「うわっちょっ何やってんだよクソ親父!!!」

親父「あれーっおかしいなぁー、なんかぐちゅぐちゅ音がするなぁーwwwww」

タコフシ「んあ……っあwww」

息子「こ、ここで始めんなあああああああああ!!!!!」

武田「い、いやそういうことじゃなくて!!!!」





203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 01:23:44.62 ID:Ahq0H+svO
息子「もう知らねーよ!!好きにしろ!!!」

武田「いやっおい」

息子「向こうの部屋でやれ向こうの!!!」

親父「言われんでも行きますよーだ」

親父「なぁー釈ちゃん、行こーwwww」

タコフシ「あはあはwwwww」

バタン

武田「いやっちょっええええ!?」

武田「いいのかよ!!あいつ宇宙人だぞ!?」

息子「いいじゃんもう、深く考えるほうが損だよこの状況」

武田「そ…そうか……」






209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 01:29:30.57 ID:Ahq0H+svO
息子「はぁーあ…疲れた」

武田「………」

息子「ふわぁ……眠い」

武田「………」

息子「テレビ見よっか」

武田「………うん」

息子「おもしろいのやってるかなぁー」

ピッピッピッ

武田「………」

武田「ムラムラムラムラ……」

息子「なんもやってないか」

息子「向こうでゲーム…」

ズイッ

武田「ふーっ、ふーっ…」

息子「な…なに」






217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 01:36:35.52 ID:Ahq0H+svO
息子「なに…ちょっ…近い……武田…?」

武田「俺たちも…さぁ……」

息子「いやっ……ちょっ……」

武田「俺もうこんななんだぞ…」

カチャカチャ…

息子「なに脱いで……っわ…」

武田「はぁ…はぁ……」

息子「やめ…たけ…んっ……あ…」

武田「息子……っはぁ……っ」

息子「ここで………っやだ………あっ」

武田「むふーっ、むふーっ」






223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 01:41:59.02 ID:Ahq0H+svO
息子「たけ………だ……っあ」

武田「べろんべろんべろんべろん!!」


ギィヤァァァァァァァ!!!

息子&武田「ビクゥッ!!!」

息子「な………」

武田「な、なんだ……!?」

ダダダダダ

ガチャッ

親父「うわああああああ釈ちゃんが室伏に………うわっ!!」

息子&武田「ビクゥッ!!!!」

武田「あっわっやっあっちょっ!!!カチャカチャカチャ」


親父「ポカーン…………」






233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 01:50:35.26 ID:Ahq0H+svO
─30分後

息子「………」

武田「………」

親父「………」

タコフシ「………」

武田「あ………あの」

武田「僕……帰ります…」

息子「………」

親父「………いや」

親父「その必要は………ない」

武田「は………はい…」

親父「………」

息子「………」

親父「………俺の育て方が悪かったのか…」

タコフシ「………」






238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 01:56:58.02 ID:Ahq0H+svO
息子「………うぅっ…」

タコフシ「あ……」

武田「………」

親父「………俺が…悪かった……」

親父「ちゃんと……ちゃんと俺が新しい母親探さねぇから……」

タコフシ「い……いや…それは」
バッ

武田「申し訳ありませんでしたあああああ!!!!」

親父「なっ…」

親父「おい………どうしたんだ土下座なんかして…」

武田「俺が…俺がムリヤリ息子に迫ったからです!!!」

武田「本当に…本当にすいません!!!!」

親父「お………おい…」






246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 02:03:28.29 ID:Ahq0H+svO
息子「ぐすっ………ぐす…」

親父「いや……あ………えっ…」

武田「この通りです!!!」

武田「もう…二度と息子の前には現れませんので……!!!」

息子「たけだぁ………ぐすっ」

親父「いや………あの………んと…」

タコフシ「…そんなことはないよ、武田くん」

武田「え……」

タコフシ「息子くんは………息子くんは最初から君が好きだったんだよ」

武田「え………」

息子「………」






248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 02:08:50.73 ID:Ahq0H+svO
タコフシ「だから、君が悪いんじゃないよ」

武田「え………」

息子「………」

タコフシ「…ごめんね息子くん、スキャンした時に……うっかり取り出してしまった情報がこれだったんだ…」

息子「………」

親父「え………いや…」

タコフシ「親父さんも…これは親父さんのせいなんかじゃないです…運命だったんです」

親父「ん……んん…そう……か………」

親父(あれ…?これ俺宇宙人に諭されちゃってる…………?)





249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 02:14:42.28 ID:Ahq0H+svO
武田「………」

親父「そう…だったのか」

息子「………コク」

親父「お前………」

親父「早く言えばいいのに………馬鹿野郎」

息子「ごめんなさい……」

親父「なんで謝るんだ」

親父「別に父さんは悪いことなんか、思って、ない、ぞ?」

親父(あれ…口が勝手に………?)

タコフシ「キュゥンキュウンキュウン…」

武田(うわ……絶対あれ精神操られてる………)

息子「父さん………」





255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 02:20:45.13 ID:Ahq0H+svO
タコフシ「キュウンキュウンキュウン…」

親父「ま…まぁ、とりあえず、落ち着きなさい、テレビでも見て、ね」

親父(えっ何これ…やだやだやだ、何一つ納得いってないよ!?)

息子「うん……」

ピッ

…ザアアアアアア

武田「………砂嵐?」

『キャキキキキキュキャキキキキ…』

息子「うわぁ……」

武田「な、なんだ?なんか……キリキリいってる…?」

親父「も、もう、君たち、結婚しちゃいなさい、ね」

親父(ああああああああグッバイ俺の孫おおおおお)





262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 02:26:19.43 ID:Ahq0H+svO
息子「これ………あの時の電話と同じ……」

親父「も、もう、私は、怒ってないからね、好きにしなさい」

親父(だから怒ってねぇけど納得はいってないよおおおおお!?)

タコフシ「フッ…」

親父「う…へ?」

ガクッ

タコフシ「………ふぅ」

息子「……あ、映った」

武田「…だ、大丈夫ですか?」

親父「うーん………」

タコフシ「だ、大丈夫ですか、親父さん!?」

武田(この宇宙人…できる!!!)





264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 02:31:48.49 ID:Ahq0H+svO
親父「頭が……いひゃい………」

タコフシ「あー大変だ大変だ……」

武田「………」

息子「あっ!!!」

武田「ど、どうした?」

息子「ちょっ、これ、このニュース!!!」

武田「う、うわっ室伏!!」

タコフシ「えっ………」

『…今日夕方頃にハンマー投げでおなじみの室伏選手が倒れているのを近くの住民が…』

息子「ちょっ、父さん!!父さん!!!」

親父「うーん……イギリスでもどこでも行けーい…………」





269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 02:37:11.28 ID:Ahq0H+svO
息子「父さん!!!」

親父「はっはいぃ!!!」

息子「テレビ見て!!タコフシが!!!」

親父「ん、ん……?」

タコフシ「わ………」

滝川クリステル『警察は乱入してきた男を超能力者だとし、捜査を進めていく方針です』

親父「お………俺じゃねぇかこれ」

息子「どこに食いついてんだよ!!!タコフシ!!!」

親父「うわ………これ」

武田「ちょっと……これだいぶ問題じゃないですか…?」

タコフシ「ど……どうしよう………」





272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 02:43:22.37 ID:Ahq0H+svO
息子「ど、どうすんだよこれ………!!」

親父「やばいな……これは相当参ったぞ………」

武田「本物の室伏の問題とか、色々大変ですよこれ…」

親父「タコフシ………」

親父「どうにかしてくれこれ………」

タコフシ「す……すいません………」

タコフシ「私の責任ですよね…………うわぁ………どうしよどうしよ……」

息子「どうすんだよ……!」

ピーンポーン

ドンドンドンドン!!





274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 02:48:10.49 ID:Ahq0H+svO
武田「な、なんだ!?」

「警察の者です!!!ちょっとお聞きしたいことがあるんですが!!!」

親父「え…!?」

息子「うわああああああ!!!」

武田「ヤバいですよ!!これ出たらダメですよ絶対!!!」

息子「ちょっ、と、とりあえずお前服着ろってバカ!!!」

タコフシ「えっあっ、あっでもさっきのジャージ分解して体に取り込んじゃった…!!」

武田「ええええええええ!?」

息子「あーもうどうすんだよ!!!」





275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 02:52:45.43 ID:Ahq0H+svO
武田「えーっとあ、と、とりあえずカーテン羽織っとこう、ね!」

タコフシ「そ、そうだね、ありがとう!!」

『ちょっとー!!いるのは分かってるんですよー!!!』

ドンドンドンドン!!!

息子「あーあーもう知らない!!!!」

親父「え、えーっと、えーっと、あ、た、タコフシ!!」

親父「ぶ、ブレストファイヤー!!!!!」

タコフシ「え……?」

息子「出るわけねーだろバカ!!!」





277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 02:58:20.87 ID:Ahq0H+svO
親父「だ、だってそうでもしなきゃ奴らは追っ払えんだろ!!!」

息子「だからってブレストファイヤーなんか出ねーよ!!宇宙人に期待持ちすぎんなバカ!!!」

武田「ふ、二人とも落ち着いて!!!」

親父「タコフシー!!」

親父「な、何か光線的なものーーー!!!」

タコフシ「た、確かに光線的なものは出ますけど、地球人は殺傷できません!!!」

親父「ぶはwwww出んのかよwwwww」





280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 03:04:52.42 ID:Ahq0H+svO
息子「ちょっと遊んでる場合じゃないだろ!!!」

武田「そ、その通りですよ!!」

親父「た、タコフシ、どうすんだこれ!!!」

タコフシ「わ、わかんないです、けど、あーもう!!!」

タコフシ「た、助けてくれええええええええ!!!!」

武田「ま、まさかの命乞い!!!」

親父「お、お前助けてほしいのはこっちの……」

シュピィィィィィィィン!!!

息子「なっ…なんだっ…ベランダが光ってる……!?」





286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 03:12:20.23 ID:Ahq0H+svO
ピィィィィィィィィィ…!!

息子「っ…いっ……耳がっ…何これ……!!!」

武田「ちょ……超音波っ………!!?」

親父「いたたたたた、み、耳があああああ!!!」


「○◇□△□◇○▽○○!!!」

息子「な………なんか外から聞こえる……!!?」

タコフシ「○◇◇◇▽◇○!!!」

武田「えっ……えっ……!?」

親父「なんだ……!?なんか訳の分からん言葉を…!!!」





288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 03:17:54.66 ID:Ahq0H+svO
『ぎゃあああああ、耳が、耳がああああああ』

武田「あっ、け、警察にまで被害が!!!」

タコフシ「い、今フィルターかけます!!!」

息子「ふ、フィルター……?」

シュピィィィィ

タコフシフィルターON

息子「な……何……!?ていうか耳が……!!!耳が!!」

親父「いだああああああああ」

タコフシ「やめてくれ!!!彼ら3人は敵ではない!!!」

「敵ではない…?何を言っているのだお前は」

武田「な…なんか日本語になった…!?」





289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 03:22:34.98 ID:Ahq0H+svO
タコフシ「彼らは私の命の恩人だ!!頼む!!!攻撃をやめてくれ!!!」

息子「こ……攻撃……!!?」

「……そうか…ならば…仕方あるまい…」

シュゥン…

息子「あ……耳が楽に」

武田「こ…攻撃が止んだ…?」

親父「あー痛かったぁ……!!!」

タコフシ「で、でも君たちが何故ここに!!!」

タコフシ「す、すいません、迎えが来たようです…!」

息子「えっ………?」





291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 03:28:54.07 ID:Ahq0H+svO
迎えダコ「先程…お前に似た情報が混じった電波を受信した……」

武田「さ……さっきのニュースだ……」

迎えダコ「その電波を辿ってきたのがこの星だ」

迎えダコ「そしてここからお前の電波が発せられていることを発見し、ここに救助へ来たのだ」

息子「救助………」

親父「き……救助がきたのか…………」

タコフシ「すまない…心配をかけた」

タコフシ「でも………私は無事だ」





293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 03:34:07.82 ID:Ahq0H+svO
タコフシ「彼らは私を怖がりもせずに、優しく保護してくれた」

タコフシ「まるで本当の家族のように……」

タコフシ「とても……温かかった……」

タコフシ「私は……彼らに出会って…本当によかった」

息子「………」

武田「………」

タコフシ「だから……このままここを去ることは………できない」

息子「えっ………」

迎えダコ「なっ………ではどうするのだ……」





297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 03:40:19.80 ID:Ahq0H+svO
タコフシ「彼らに………」

タコフシ「彼らに何か…お礼がしたい」

親父「お前………」

息子「………」

迎えダコ「どのような……礼をするのだ」

タコフシ「………ちょっと待っててくれ」

タコフシ「あのー…」

タコフシ「お礼と言えばなんですが……何かできることはありますか…?」

息子「えっ……」

親父「な……何でもいいのか……?」

タコフシ「ええ……可能な範囲で叶えたいと思います……」

武田「なんか神龍の親戚みたいな感じだな………」





298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 03:44:15.44 ID:Ahq0H+svO
親父「えーっと…えっと…」

親父「しゃ、釈由美子を家に呼んでくれ!!!」

息子「ちょっ、ちょっと!!!!」

武田「ぶーっ!!!!!」

タコフシ「わかりました……」

息子「ええええええええ、ちょっ!?」

タコフシ「それでは皆さん…ありがとう……」

息子「えっちょっこれで帰んの!!?」

親父「お前は…本当に家族だと思ってたよ……ちくしょう…グシ」

タコフシ「親父さん………ありがとう…………」





302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 03:47:48.50 ID:Ahq0H+svO
息子「ちょっまっふ、ふざけんなよ!!!」

武田「まぁまぁまぁ……」

親父「釈由美子、よろしくなぁー!!」

タコフシ「はい…クール宅急便で後日送らせて頂きます…」

息子「おっ、おいちょっ待て嫌な予感しかしねーぞ!!!」

親父「ありがとうなああああ!!!グスッ」

息子「えっちょっ何泣いてんの!!?」

武田「ま、まぁまぁいいじゃねぇか」





304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 03:52:42.92 ID:Ahq0H+svO
息子「よくねーよ!!!なんだよこれ!!!」

タコフシ「さようなら………」

タコフシ「ありがとう……親父さん…息子くん…高田くん…」

シュピィィィィ………

親父「また来いよーーー!!!グスッ」

武田「さよーならぁーー!!!グス」

息子「いやいやいやいやいやいや!!!!!」

シュゥゥゥン………

息子「えっうそっマジで帰った!!!!??」

武田「感動的だなぁ……グス」

息子「いやっちょっバカじゃねーの!!?お前名前思いっきり間違えられてたんだぞ!!!?」





307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 03:59:17.71 ID:Ahq0H+svO
─3日後

ピーンポーン

親父「ん、誰か来たぞ」

息子「出てくる」

親父「おう」


ガチャ

息子「…はい」

「すいません、宅急便です」

息子「あ」

「こちらにサインお願いします」

息子「あ、はい、キュキュキュ」

「はい、どーも、ありがとうございます!」

息子「はーいご苦労さまでーす」
バタン

息子「なんだろ…結構重い」





313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 04:08:26.20 ID:Ahq0H+svO
ドン

親父「…なんだ?これ」

息子「さぁ?」

親父「………あ」

息子「……ひょっとして」

ベリベリッ


ヌル……グチャ………

『私たちの星で釈由美子似の女性を見つけました
可愛がってあげてください
では

タコフシより』

息子「……活きのいいタコじゃん」

親父「がはははwwwwやられたなwwwww」

親父「よし、今晩は釈由美子ちゃんでタコめしに決まりだなwwww」

息子「なんだよそれー」

おわり






320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 04:11:24.54 ID:iE5OtzpW0
食うのかw
たっぷり楽しませてもらいました!本当にお疲れさま





321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 04:11:55.65 ID:rYUhbYT/O
あ、おわた
乙!なんか楽しい二日間だった





329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 04:16:27.78 ID:Ahq0H+svO
やっと終わった……!!!
長かった………そして辛かった……!!!
でもそれ以上に楽しかった…!

最後まで茶番にお付き合いくださって本当にありがとうございました
本当に、読んでくださった方のおかげです





331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 04:18:57.49 ID:cRnXAtBD0
おもしろかったーw
お疲れ様でした!!





332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 04:19:59.08 ID:ZfoPrR2YO

長かったなぁずっと気になって仕方なかったよ
いやぁ楽しませてもらった





336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 04:28:28.24 ID:Ahq0H+svO
終わった今、なにか新境地が拓けた気がしています

ちなみに親父・息子・アッー!の三拍子が揃うスレは俺の仕業です

それではまた次回、あればお会いしましょう

おやすみなさい






368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 09:46:20.29 ID:HAeJ9Zq+O
>>1乙
楽しませてもらったよ





369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 09:48:52.81 ID:kvvnjrDbO
>>1
乙!!朝から笑わせてもらったぜww次回作期待\(^o^)/





370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 10:09:40.81 ID:pmJSdf+aO
>>1乙
楽しませてもらったよ

ちょっとタコ買いに行ってくる





371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/03/18(水) 10:16:40.57 ID:jV95tp5CO
初日から見てたが、見ててよかった、面白かった。>>1ありがとん!





372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 10:24:38.90 ID:QgnwLb4uO
今起きた読み終わった
すげえ楽しかったgj





373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 10:51:55.42 ID:ysBa62w1O
今起きてやっと追いついた。>>1乙!ほんとに楽しかった!今夜はタコのつまみでも買ってこようと思う。





374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 10:59:03.77 ID:68Y9y3s0O
面白かった!乙!





( ・ω・)/ 三国志大戦ばーうpしたみたい。
      対戦することがあったらよろしく。

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://news00jp.blog67.fc2.com/tb.php/174-e8e4dc00 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

最新記事
カテゴリ
最近買ったものとか




お世話になってる
検索フォーム
ありがとうございます
   
現在の閲覧者数:
あわせて読もう
あわせて読みたいブログパーツ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter...A

Twitter < > Reload

お世話になってます
咳をしてもゆとり様
いろいろ教えてくれるナイスガイ。
やる夫アンテナ様
オワタあんてな\(^o^)/
登録されたい…
ちょっとだけ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。